ようこそ! ゲストさん

PROFILE

PATA(石塚智昭 11月4日生まれ B型)

1987年、X(92年にX JAPANに改名)にギタリストとして、加入。
1989年にメジャー・デビューしたXはヒット曲を連発し、ライヴもSOLD OUT続出。若者たちを熱狂させ、社会現象といわれるほどの人気バンドとして、日本の音楽シーンのトップに君臨する。
1993年に、ティム・ボガート(ベック・ボガート&アピス)、トミー・アルドリッチ(WHITE SNAKE)、マイク・ポーカロ(TOTO)等海外の有名ミュージシャンをバックに制作したアルバム「PATA」でソロ・デビュー。同年、アルバムに参加した海外ミュージシャンと国内ツアーも敢行。1995年には、セカンド・アルバム「Raised on rock」をリリースしている。
1994年と1996年には、X JAPANのツインギターの相棒である盟友hideのソロ・ツアーに参加。
1997年12月31日、惜しまれつつX JAPANが解散。
1998年、MAKE-UPのヴォーカリストNoBとP.A.Fを結成し、アルバム「Patent Applied For」を発表。
1999年にはセカンド・アルバム「PAT.#0002」をリリースした。
2000年には、HEATH(X JAPAN)、I.N.A(hide with Spread Beaver)と、Dope HEADzを結成。
2001年にアルバム「PRIMITIVE INPULSE」、2002年にセカンド・アルバム「PLANET OF THE Dope」をリリースした。
2002年、ベースのMichiaki(元TENSAW)とドラムスの向山テツ(ex.Cocco, レッド・ウォリアーズ)と、スリーピース・バンドRa:IN結成。インプロビゼーションを基本に、インストゥルメンタルを演奏するという独特なスタイルで、人気を博す。
2003年にファースト・アルバム「The Line」、2006年にセカンド・アルバム「BEFORE THE SIREN」、
2008年にサード・アルバム「METAL BOX」をリリース。海外での人気も高く、中国、台湾、フランス、アメリカ等、数多くの場所でライヴを行っている。
2007年、X JAPANが再結成。2008年の東京ドーム3DAYS再結成コンサートを皮切りに、国内及び海外でライヴ活動をスタート。
2010~2011年にかけて、北米、ヨーロッパ、日本、南米、アジアを周るワールド・ツアーを敢行。
2014年には、長年の夢であったニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンでのライヴも成功させている。

現在、X JAPANとRa:IN(2014年より、ベースMichiaki、ドラムス西田竜一、キーボードDIEの4人編成)にて、勢力的に活動中。

FC会員ログイン

PATA Official Site